LINEから予約する
電話をかける

そのお悩みお任せ下さい!
脳卒中による後遺症
責任を持って改善致します!

当院が 選ばれる7つの理由 

①臨床歴18年の豊富な経験を生かして、あなたの悩みを解決します!

病院やクリニックで理学療法士として勤務した豊富な知識と経験で、本当の原因がどこにあるのか見極めます。

②痛みの原因を特定する問診や姿勢評価を中心とした検査を実施

「症状を改善できるかどうかは問診で決まる」と言われるほど、問診は重要です。時間をかけてしっかりと問診し、身体の歪みなどの検査を中心に、あなたを悩ます症状の原因を特定していくことで、あなたのためのアプローチを立案します。

③やわらかいタッチで、リラックスして受けられる整体

当院では、神経整体を行いお身体の不調にアプローチいたします。柔らかいタッチで施術いたしますので痛みはございません。ただリラックスしているだけで大丈夫です。

また、完全個室のプライベート空間なので、どんな些細なことでもかまいま せん。遠慮なくお悩みをお話ください。

④急性~慢性の痛み、重い症状にも対応
急性の痛み~慢性の痛みまで、なかなか良くならない重い症状にも対応いたします。どんな症状でも、気になることは気兼ねなくご相談ください。
⑤再発予防のセルフケアも指導

理学療法士として得た運動療法の知識を生かして、姿勢の歪みの原因となる筋肉のアンバランスを改善するストレッチやエクササイズの指導も行います。

⑥通院が非常にラクで便利!
阪急武庫之荘駅から徒歩2分、目の前にコインパーキング、平日20:00まで、完全予約制でお待たせしません。
⑦スポーツでのパフォーマンス up も狙える

過去にケガをして動きが悪くなった。スポーツができない程ではないが、軽い痛みがあり思うように動けない。元々、身体 が硬い。一生懸命やっているが、パフォーマンスが上がらない方など、ご相談ください。スムーズな身体の動きを獲得する サポートをしていきます。

今だけCP実施中!

LINEから予約する
電話をかける

脳卒中の回復はなだらかに回復します

【脳卒中の後遺症はどのように改善していくのか?】

脳卒中発症後の回復は徐々に起こり、3 ヶ月~6ヵ月にかけて回復曲線がなだらかになります。 たとえ、なだらかになってもそれ以降も回復はみられることが知られていますが、6 ヶ月以降はプラト ー(回復曲線が平ら)と言われ、大きな回復は望めないと説明を受けることが多いと思います。さら に、リハビリテーションの期間も 180 日と決められており、「まだリハビリを受けたいのに」、「少しでも 良くしたいのに」、「これからどこに通えばいいのかわからない」と いう方も多いと思います。

また、脳卒中の回復理論として、経時的な運動麻痺回復中枢神経再組織化のステージ論 (Swayne 2008)というものがあります。

1st stage recovery

残存している皮質脊髄路(ヒトの運動に重要な神経経路)を刺激して興奮性を高め、麻痺の回復を促進する時期

2nd stage recovery:

皮質間の新しいネットワークの興奮性を高め、再構築していく時期 ※発症〜6 ヶ月までの間

3rd stage recovery:

さらに再構築された新しいネットワークの神経伝達を効率化し、機能を最大限に発揮できるようにしていく時期

当院での改善法

ほとんどの場合、6 ヵ月もたてばもう改善はみられないだろうと、リハビリは終了し、残存した機能で自立した生活を送ること ができるように促されます。しかし、「可能性があるならもっと良くなりたい」「このままでは将来が不安だ」といった方もおら れ、その受け皿がないのが現状です。

年令や麻痺の程度にもよりますが、6 ヵ月以降も症状の改善がみられる方もいます。

当院では、上記回復理論の 3rd stage recovery に着目し、新しいネットワークが構築されているのに神経伝達がうまくい っていないのではないか。だからそこにアプローチしていけば、まだ麻痺症状の改善が見込めるのではないかと考えてい ます。

少しでも改善を目指したい方、事故や外傷、手術などで神経を損傷し、後遺症が残存している方はぜひご相談ください。

改善例はこちら

クモ膜下出血で左上肢に強い麻痺があり、完全に脱臼していた状態が改善した事例です。

 

今だけCP実施中!

LINEから予約する
電話をかける